ヨガ情報ニュースサイト・ヨガッコは、ヨガ・ピラティスの学校

sleep

2021年5月28日

みち

Sleep~眠る人は育つ~

眠る人は育つ、文字通り

睡眠と成長についてのお話です。

 

ことわざで『寝る子は育つ』

というのがありますが、

親が子供を寝かせるための言葉

として使ったり、

しっかり寝ている子供は健康だよ

という意味のようです。

私も子供がいるので、ママ友との会話で、

子供が寝ている間は手がかからなくていいとか

寝ていると可愛いとか言ったりしていましたね。

もちろん起きているときも可愛いですよ。

日々、身体が大きくなっていき、

元気な活動的な姿、

心や脳も成長していくのを

感じられて嬉しいものです。

その成長!実は睡眠が深く関係しています。

成長するために睡眠が必要不可欠。

寝る子は育つ

にはそんな意味が込められています。

 

私の子供たちはもうだいぶ大きくなったので、

幼児から中学生くらいの時代まで、

大きく身体と心が成長している時の睡眠を

思い返してみました。

★布団に入ったら、だいたいすぐに眠る。

★一度眠ったら熟睡。

ちょっとやそっとじゃ起きません。

★8~9時間くらいノンストップで眠れる。

 

大人になった皆さんは

このような睡眠取れていますか?

 

私は残念なことに取れていません。涙

 

もう身長も伸びないし、

お勉強もものすごくはしないし、いいか?笑

いやいや、良くないです!

大人になっても成長したいです。

代謝していること自体が成長ですから。

そのためには睡眠です。

質の良い睡眠、心地良い睡眠です。

 

◎質の良い睡眠と成長ホルモン

 なぜ、 睡眠が成長に必要なのか?

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠の

二種類のリズムがあります。

レム睡眠では身体を休ませ、記憶を整理し、

ノンレム睡眠では深い眠りで脳を休ませます。

睡眠中、この二つを繰り返しているのですが、

寝入って最初のノンレム睡眠の時、

成長ホルモンが大量に分泌されます。

 

発育期の子供にとっては、

大事な成長ホルモンを出すために

知らず知らずのうちに

質の良い睡眠をとっているんですね。

 

成長ホルモンは発育期を終えた、

大人にとっても実はとても大事です。

疲労回復や脂肪燃焼などの

新陳代謝に役立っています。

 

成長ホルモンは睡眠時に70%分泌され、

運動でも分泌されます。

特に筋肉トレーニングで

筋肉が疲労することで、分泌が促進します。

 

運動+ノンレム睡眠で

成長ホルモンをしっかり分泌させたいですね。

 

私は筋トレをしっかりするので、

運動時の成長ホルモンは

バッチリかもしれませんが、

睡眠時に7割ですから、

しっかり眠らないともったいないわけです。

大人も長くやっていると、

眠りが浅くなるお年頃だったり、

睡眠不足になる習慣などいろいろあって、

もったいないことだらけ。反省。

 

というわけで、次回は、、

質の良い睡眠へはどう向かっていけばよいか?

只今、実験中の私の体験、

体感を含めお伝えしたいと思います。

To  be  continued.

The following two tabs change content below.
みち
すべて繋がる 身体と心に伝えるヨガ

Page Top