ヨガ情報ニュースサイト・ヨガッコは、ヨガ・ピラティスの学校

here&now

2021年5月28日

saya

今、“ここにいいる”ということ

頑張っている毎日、
どんどん過ぎ去っていく時間の中、
自分のための時間はどのぐらいあるのでしょうか。

普段の私たちの頭の中は、
考え事や、やらなければいけないこと、感情などいろいろなものがせわしなく動いています。
頭の中を空っぽにして、自分がただここにいることを味わう時間の大切さ、
それをここ最近感じています。

 

⚪︎忙しない頭の中

朝起きたときかから、1日のスタート。
とりあえず自分のルーティーンをこなしたり、
何を着ようか、
持ち物はなんだったか、
朝ごはんは何にしよう
お弁当はどうしよう
そんな風に、考えは巡っていきます。

会社に行くまでも、今日やることを考えたり。

帰りは晩御飯のこと、
寝る前にできること、
明日のことを考えたり。

常に悩みも考え事も絶えないのが、
けっこう当たり前だったりしてしまいます。

 

⚪︎呼吸へ集中

いざ、瞑想をしてみても、
ただ横になっているだけでも、
そういった考えは頭を巡っていきます。
考えることは無理に遮断しなくていいとわかっていても、
頭は考えることをやめようとしない、
そんな時もありますよね。
だんだんとその悩んでること、思いついたことをを実行に移したくなる。
動きたくてうずうずしてきたりする。

 

そんな中、今こういう考え事をしてるんだと、認識し、今だけ手放してみる。
これが難しい。
だからこそ、とりあえず呼吸に集中してみる。
呼吸の数を数えてみる。
そういった手法は多くあります。
はじめは意識しないと難しかったりもしますが、
だんだんと心地の良い呼吸に変わっていきます。

そして、その呼吸を繰り返していくうちに、
今じっと座ってる自分にふと全てが降りてくるような感覚を得るときがある。
周りが気になって仕方がなかった感覚が徐々になくなっていく。
そしてだんだんと、今、ここで座って平和な時間を過ごしている喜びが込み上げてくる。

 

周りのために、自分の生活のために頑張っていることから少し離れ、
自分のための時間が流れ始める。
それを感じられた時、私は幸せを感じました。

 

⚪︎ヨガ

ヨガをする時間も、同じような時間が流れていると感じています。
呼吸とアサナに集中し、自分の体と向き合っていく時間。
これも、自分のための時間です。

そういった時間の後、何かのつまりがとれ、
どこかがリセットされたような感覚になる。
少し自分に余裕が生まれた気持ちになる。
少しずつ、自分の中の何かが変わっていく。

これもたくさんある、ヨガの魅力のうちの1つですね。

 

 

今ここにいる自分を感じる時間から、どんな影響を感じるかは人それぞれだと思います。
そこに、何があるのか、
どんな自分がいるのか、
少し覗いてみませんか。

 

自分を大事にする時間、
一日に5分でも、10分でもぜひ大事にしてみてください。

 

The following two tabs change content below.
saya

saya

息をして、体を動かし、伸びていく。その気持ち良さに触れたことが、ヨガを始めたきっかけです。ヨガを通して笑顔になれる日々を届けていける、そんなクラスを目指しています。毎日を少しらくに、楽しく過ごせる、そんな過ごし方も伝えていきたいと日々勉強中です。

Page Top