ヨガ情報ニュースサイト・ヨガッコは、ヨガ・ピラティスの学校

monosashi

2021年12月3日

Azusa

自分のものさしで生きてみる

○整頓されています

日本は整理された国です。

世界中の国々と比べてみても、きちんとしている印象があります。

人も物も、全てが整頓され、整然としている

これは日本の素晴らしいところです。

素敵な国ですが私は、時々怖くなることがあります。

列から外れたら、他人と違うことをしたら・・・

私はどうなるのかと、不安を感じてしまいます。

だからなのでしょうか。

なんとなく、他人の決めたルールや行動に沿って

みんなに合わせて生きようとしてしまうのです。

私と同じようにそうしている方も、いらっしゃるのではないでしょうか?

 

○合わせることは大切なスキル

この社会で生きていくために、周りにあわせることは

大切なスキルです。

幾人もの人が協力しあい、成り立っているのが「社会」です。

その中にあって人に合わせること「協調・同調」はとても大切です。

 

○「みんなによく見られたい 思われたい」

協調を大切にすると、今度は他人からの評価が気になります。

「よく見られたい」「いい人って思われたい」

「どう見られている?」「変じゃなかったかな?」

そんなことに心が囚われていると、どんどん自分で自分を欺き、

本心を見失います。

結果、自分がわからなくなり、自分を苦しめることになります。

 

○自分を苦しめないためにすること

まずは、自分の性質を知るところから始めてみましょう。

性質とは、各々生まれながらに持っているもので

変えることができないです。

できることと、できないことは人それぞれ異なるのです。

そこを見間違えて、できない自分を責めていては自分を苦しめるだけ。

まずは、自分のできること・できないことを書き出してみましょう。

書き出す項目は3つです。

・自分がすぐできたこと

・努力してできるようになったこと

・頑張ってもうまくできなかったこと

 

「すぐできたこと」はあなたの強みです。

このまま大切に継続しましょう。

「努力してできたこと」はどうしたら、できるようになったか

その過程を考えてみましょう。

あなたの強みの一つです。大切にしましょう。

「うまくできなかったこと」

これについてはあまり突き詰めない方が良いと思います。

どうしても必要であれば「自分が困らない程度にちょっと頑張るよう、心がける」

くらいのつもりでいましょう。

 

このように、自分の性質を整理してみることで自分とうまく付き合う

準備が出来上がっていきます。

 

○自分のものさしで生きてみる

自分の性質を知ることで、自分と人との間に空間が生まれます。

そして、自ずと自分の中にあなただけの「ものさし」が浮かびあがります。

それは、あなたが思う「快適」がある生活のルール。

「ものさし」ができると、他人の考えや行いに振り回されず、

あなたらしく過ごせるようになると思います。

 

人が生きる時間は、思っているよりずっと短いです。

そして、思ったより時はずっと早く流れていきます。

限りある時を、自分のものさしで、自分のペースで生きる方が

ずっとずっと楽しいと私は思うのです。

皆さんも、自分のものさしで生きてみてはいかがでしょうか?

 

 

The following two tabs change content below.

Azusa

ヨガをはじめようと思ったきっかけは出産後のダイエットでした。 痩せたい!その一心ではじめたヨガでしたが、ヨガの世界の考え方、生き方に影響を受け、より幸せに より自分らしく生きることができるようになりました。 この幸せをたくさんの方とシェアしたいと思い、キッズヨガ・マタニティヨガ・ロコモヨガなど、ヨガを広める活動を中心に行っています。

最新記事 by Azusa (全て見る)

Page Top