ヨガ情報ニュースサイト・ヨガッコは、ヨガ・ピラティスの学校

sukoyaka

2021年10月13日

Azusa

健全で穏やかであるために

世界中で起きた大きな変化

以前と生活や働き方が変わりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
「だんだんと新しい形に馴染んできた」という方もいれば
「正直、ちょっと疲れた」という方もいらっしゃると思います

私はというと、上手く対応ができず、戸惑ったり体調を崩したりする時期がありましたが、今はきちんと対応できるようになりつつあります

戸惑いつつも、できるだけ穏やかに生活できるよう、私が実践したこと4つについて
皆さんにお伝えしたいと思います

 

家事はポジティブにおこなう

家族が在宅している時間が長くなると、汚れ物は増え料理の回数も多くなり、
必然的に家事は増えます
一つ一つは小さく些末なことでも、毎日となると正直辟易します
私だって仕事もしたいのに私だけ大変!と悶々することもしばしば・・・

そこで、私はできるだけポジティブに家事をする努力をしました。
「この野菜を切ったら、美味しい食事ができる」
「掃除の行き届いたきれいな部屋で本を読む」
「お洗濯で真っ白になったシーツで眠る」
大したことではありませんが、今やっている家事が少し未来の自分や家族を
幸せにしてくれることを思い浮かべ、家事をするようしました

そうすると、自然と家事をネガティブに捉えることが少なくなりました

 

太陽の光に当たる

外出を控えるようになり、一日中太陽の光に当たらないという日が続きました
そのせいか夜は眠りが浅く、逆に日中ぼんやりして、頭のどこかに常に眠気を纏っていることが増えました。

そこで、体内時計を整えるつもりで朝、日の光を浴びることを習慣にしました
起きたらまず、窓を全部開けベランダにでます
植物に水をあげて、空の様子を見たり気温を感じたり、
お洗濯ができそうか、朝ごはんは何にしようかなど考えながら、
少しベランダで過ごします

できる日はこどもたちと人の少ない公園や道をお散歩して、
季節の変化を肌や目で感じました
誰かの忘れ物や庭先の植木鉢、地面に描かれた落書きなど、
人の生活の残滓を見つけては、「この世界には、他の人たちも生きている」
と孤独な心が少し和らぎました

 

ヨガの練習

ヨガの練習は、もちろん毎日おこないます

ただ、家族がいると環境と時間の確保がとても難しくなります
仕方ないと諦めていたこともありましたが、次第にできないことが
とても大きなストレスとなり、自分の中に蓄積されていきました
なんとかして練習を!と家中至る所でマットがひろげてみて、
ヨガができる環境を探してみました
そうやって試していく中で、できる場所と時間帯がだんだんとわかってきました

そして、短時間でもより集中した練習ができるよう、練習を始める前に
毎回「これから練習したいこと」「何時までする」
と具体的なことを書くようにしました

どうしても場所や時間が確保できない、気分がどうにも向かない時には、
ヨガのジャンルから少し離れ、ワークアウトやコンテンポラリーダンスの動画を見たり
勉強したりして、新たな刺激やヒントをもらったりもしました。

 

瞑想

外の世界の激しい変化に思考が追いつかず、頭の中は散らかったままで、
自分で自分が、わからなくなる時もありました

そんな時は、気持ちの起伏も激しく、次第に家族を巻き込むように
このままでは良くないと、瞑想を毎日行うようにしました。

忙しくてできない、心に余裕がないという日は5分とか深呼吸だけでも、
とにかく毎日行いました。

そうすることで、自分の内に敏感になり、それらを受け入れることで
どうアプローチしたら良いか、ストレスや不安を解消する努力できるようになりました

 

「今日」という日を無事に過ごす

「その日一日を無事に過ごす」

それだけで、充分と思うようにしています
やろうと思っていたことが出来なくても、それでもいいと思います

「今日という日を安全に無事に過ごせた」という事実が
何より幸せで大切だと思うのです

 

大なり小なり、日々世界は変わっていきます
そして、その変化に私たちは良くも悪くも影響されます

その中で大切なのは、今の自分をよく知とうとし、
どれだけ心と体が「健全」で「穏やか」でいられるか努力することだと、
私は感じています

ここまであげた内容が全てみんなに合っているとは思いませんし、
あくまで私が経験した中でのことです
けれど、少しでも皆さんの日常より快適にできるヒントになれば
と思っています

 

皆さんの日常が健全で穏やかで幸せでありますように
お祈りしております

The following two tabs change content below.

Azusa

ヨガをはじめようと思ったきっかけは出産後のダイエットでした。 痩せたい!その一心ではじめたヨガでしたが、ヨガの世界の考え方、生き方に影響を受け、より幸せに より自分らしく生きることができるようになりました。 この幸せをたくさんの方とシェアしたいと思い、キッズヨガ・マタニティヨガ・ロコモヨガなど、ヨガを広める活動を中心に行っています。

最新記事 by Azusa (全て見る)

Page Top