ヨガ情報ニュースサイト・ヨガッコは、ヨガ・ピラティスの学校

walk

2022年9月30日

みち

ボディメイク~美しい歩き方~

最近、だんだんと気温が下がり、

秋の気配が感じられます。

暑い時には、外ウォーキングは

敬遠してしまいますが、

涼しい季節なら、外を歩くのも快適で

楽しみにもなりますね。

 

今回はそんなウォーキング、

歩き方に注目をして

ボディメイクに繋げていきましょう。

 

運動として今日はウォーキングしよう。と

意識を向けた時の歩き方、

そして、日常としての歩き方、

皆さん、良い状態で歩けていますか?

 

意外とわかっていない良い状態の歩き方、

美しく、身体に効果的な歩き方を

ご紹介します。

 

姿勢を整えて歩く

前回、ご紹介した日常の姿勢、

立っている時のきれいな姿勢を

思い出してみましょう。

 

歩くときには、この立っている姿勢から

脚、骨盤、腕、体幹が動いていくわけです。

立ったときの良い姿勢をキープしながら

動いていきます。

 

背筋を伸ばし、胸は適度に開き

中心軸の上に頭の位置を整えましょう。

 

歩く動作は中心軸から

左右対称になめらかにスムーズにしていく

意識を向けていきましょう。

 

スムーズに歩くためのローリング

歩く時に足裏に意識を向けて、

一歩前に出した足は、かかとから着地します。

そして、足裏の中央、

つま先とゆっくりローリングしていく

体重移動が入っています。

 

ローリングすることで、

足首を柔らかく動かしています。

ふくらはぎや脛の筋肉も

動かすことになるので

足の引き締めにも役立っているのです。

 

足裏をベタベタとおいて歩いてしまったら、

たくさんの効果を逃してしまいます。

 

ローリングは膝の伸びにも

関係してくるので、

見た目の美しさも変わってきます。

 

連動と筋肉にも意識を向けてみる

前に出た脚のかかとがついた瞬間、

後ろ側の脚はつま先がついていて

つま先が離れて、また前に出ていく、

 

左右交互に繰り返す連動があります。

 

後ろの脚の蹴っていく力で

前に脚が自然にくるような

連動の力を感じてみましょう。

 

そのとき、後ろの脚の膝を伸ばしてみましょう。

ふくらはぎや、ももの裏、お尻の筋肉も

使うことができ、

脚の引き締め、ヒップアップにも

効果があります。

 

膝を伸ばすことで、歩幅はやや広く

自然となってきて、ちょこちょこ歩きから

美しい歩きにも変わってきます。

 

腕にも意識をむけて

日常の歩きでも軽く腕振りをしてみましょう。

 

運動でのウォーキングなら

しっかり腕を振ってみましょう。

 

腕を振ることで、肩の関節、肩甲骨まわり

体幹も動き、左右対称に連動させていくことで

脚が動く力を高めて行けます。

 

ウォーキングは上半身と下半身の連動も

実は入っているということを

ぜひ知っていただいて、

効果的な全身運動にしていきましょう。

 

意識的に実践していただくことで

日常動作でもあるウォーキングを

意識を向けていない時も

自然に良い状態でできるように

身に着けていきましょう。

 

スタイルの見え方が変わり、

筋肉も使うことで、引き締めていける

ボディメイクに最適な美しい歩き方、

ぜひ、取り入れてみてください。

 

より良いご自身へとつながりますように。

 

The following two tabs change content below.
みち
すべて繋がる 身体と心に伝えるヨガ

Page Top