ヨガ情報ニュースサイト・ヨガッコは、ヨガ・ピラティスの学校

shake

2020年12月27日

saya

ゆれること。

時間がある朝の私のルーティーン、
その中にターダアサナで過ごす時間というのをいれています。
瞼を閉じ、まっすぐに立つ、
ただそれを楽しむという時間。
その日のコンディション、気持ちを落ち着かせる、そういったこともふまえてのその時間ですが、
その中で生まれる、揺れ。
それに目を向ける時間でもあります。

 

⚪︎バランス

ヨガのクラス中など、
慣れないポーズをしてみた時に、バランスを崩してしまう。
やっぱり慣れないポーズ、初めてやってみるポーズを取った時、バランスはやっぱり難しい。
うまくいかなくて、意地になってしまったり。
そして、瞼を閉じたときに起こる揺れに少し不安に感じてしまったり。
そのバランスの揺れ、それをどう自分の中で考えてみるか。
それだけでも、その不安や意地の気持ちが変わってくるものです。

 

⚪︎一歩進んでいるということ

そういったポーズを取ってみる、今まであまりやってこなかったことをチャレンジしてみる。
まずそこの身を置いていることがすごいことなのです。
その中でやってみたこと、チャレンジしてみること、
その時点で確実に一歩、進んでいます。
そういった日々の積み重ね、
それが未来の自分へとつながっていくのです。
だからまずは、チャレンジしてみた自分を褒めてあげましょう。

 

⚪︎波と揺れ

ヨガで意識する呼吸。
少しずつ、外に向いていた意識を自分の方へと引き寄せてきて、だんだんと自分の呼吸の音が聞こえるようになってくる。
その呼吸もだんだんと落ち着いてきて、体をめぐっては外へと流れていく。
そんな呼吸の波。

ヨガをする中で、「呼吸を楽しむ」そんな時間があると思います。
その寄せては返す呼吸の波。
穏やかだけど力強かったりする、そんな海の波のような呼吸。

それと、”揺れ”も同じもの。
バランスも寄せては返すもの。
大きく揺れたり、小さく揺れたり、そこにとどまることができたり。
ヨガで呼吸を楽しむのと同じように、その揺れの波も楽しんでみる。
バランスで揺れる自分の身体、
そう考えてみるのはどうでしょうか。

 

⚪︎繰り返してみる

初めは楽しむのは難しいかもしれませんが、
その波の中に身を置くことで、大きい揺れ、穏やかな揺れそれを感じることができると思います。
その中で少し楽な場所、静かな場所などを見つけられたり。
それを楽しんでいるうちに、体にも少しずつ筋力がついてきて、
ある日突然、凪のような瞬間が訪れたりする。

海の波が同じ動きを見せない、毎回違う波を生み出すのと同じように、
身体、呼吸、そしてバランスの波もその時々で変わってきます。
その、感覚に意識を向けてみる。
自分の中の波をイメージしてみる。
それだけでも、揺れを心地よく感じる糸口へとつながっていきます。

 

初めは、ターダアサナで立ってみる、そしてそっと瞼を閉じてみる。
これだけでいいと思います。
揺れの感覚を感じてみるということ、
その時間を心地の良いものへと導いていくこと。

皆様のヨガの時間、
より楽しんですごせますように。

 

The following two tabs change content below.
saya

saya

saya

最新記事 by saya (全て見る)

Page Top