ヨガ情報ニュースサイト・ヨガッコは、ヨガ・ピラティスの学校

parenting-2

2020年4月28日

tomo

ヨガと子育て~stay homeの日々に思うこと

わが家の生活スタイルが一変してから早いもので2週間。

じわじわと心身への影響を感じる日々に、息子を見ていて思うことがある。

 

それは、思いの外、こどもがこの変化を受けいれている、ということ。

どうやら、おとなよりもずっと。

 

保育園の休園がきまり、ほぼ自宅での生活をスタートさせた彼。

先生やお友だちに会うことのない毎日、近所への散歩、在宅ワーク中の一人遊び。

きっと大きな環境の変化。

でも、ときに不機嫌になり(イヤイヤとさけぶ怪獣と化し、笑)ながらも、適度に発散させて、この状況に適応していっているように見える。

 

対して、わたしは、、、

ガラッと変わった生活リズムやあふれる情報を前に、平静をたもとうと努めながらも、なんだか不安定な毎日。

「いまこのとき」のじぶん自身やまわりの環境を「あたりまえのもの」(=通常運転)として受け入れる、息子のやわらかさに感服なのです。

 

いや、思うに、ぽーんと生まれてきてからこの数年の急成長

きっと大きな変化の連続で、毎日その変化に適応し続けてきたのだろうけれど。

 

そして、なかなか気がつきにくいだけで、わたしのまわりの世界だって、これまでも変化し続けている。

ごくちいさくとも、常に。

いまある日常が、あたり前の世界が、常に一定だと思い込んでいただけ。

それを安定だと思っていただけ。

今回の変化がたまたま目に見えるほど大きく、世界的なものだっただけ。

 

流れの中に身をおいて、ときにゆらぎつつも、真ん中の自分にもどってくること。

なんだか、息子にヨガを教えてもらった気がします。

 

写真

 

変化にゆらぐこの気持ちを、認めてあげることからはじめようかな、まずは。

そして、いまのわたしに要らないものはすこしずつ手放しながら、必要であれば新しい習慣をくわえながら。

 

 

そんなことを考えながら、きょうもせっせと自宅育児&在宅ワークに励むのです。

 

The following two tabs change content below.
tomo
漢方や子育てに関するコラムを書いています! 会社員としての日常や、産前産後、肉体的にも精神的にもヨガに助けられた経験から、ヨガを学びはじめました。 からだも心もほぐれていくような「自分とむきあえる」クラスを目指しています。 漢方スタイリストの知識を活かした、ヨガ×漢方のクラスをお届けします♪

Page Top