ヨガ情報ニュースサイト・ヨガッコは、ヨガ・ピラティスの学校

smile

2022年5月6日

kako

忙しい毎日のなかでにっこりする瞬間を

自分の身体と心が健康でいられるために必要なこと。

朝余裕をもって起きる、軽い運動をする、しっかりとした朝食をとる、晴れている日にはきちんと太陽の光を浴びて、お仕事以外に自分の時間をとって、夜ははやめに就寝をする。

私の場合はこんなことをすると、前向きな気持ちになり、こころに余裕が生まれます。

 

みなさんそれぞれ自分のご機嫌をとるための、お気に入りの方法があると思いますが、頭では思い描いていても、実際毎日を忙しく過ごしていると実践するのはなかなか難しいものですよね。

私自身、特別大変なことはしていないけれど、毎日を過ごすなかで、気がつくといっぱいいっぱいになって、そんな自分のための時間を作るどころか1日をやり過ごすことで精一杯になることもあります。

昨日はあんなにやる気に満ち溢れていたはずなのに、今日は気持ちがのらない。

少し忙しい日が続くと、いつもは何とも思わないことが気になったり、ぜんぶ投げ出したくなったり。

忙しいときを楽しめている日もあれば、もういやだとなる日もあります。

 

そんな自分に悲しくなったりもしますが、最近は少しずつ、そんなときだってあるし、そんな日があってもいいんだ思えるようになってきました。

 

こころに余裕がないとき、忙しくて時間にも余裕がないとき、そんなときにこそ、3分でも5分でもあたたかいコーヒーを淹れて飲む時間を作ったり、お仕事のほんの少しの合間に深呼吸をしてストレッチをしてみたり、帰り道に仲のいい友だちにメッセージを送ってみたり。

 

それで急に前向きになれるわけではないけれど、ちょっとだけ気持ちが楽になって、にっこりする瞬間がうまれます。

その小さなあたたかい出来事で、こころがどれだけ幸せなきもちになるか。

そんなことに目を向けるようにしてみたら、いっぱいいっぱいになっている自分のことも少し受け止めてあげられるようになった気がします。

 

もしも自分のこころに余裕があるときには、大変な思いをしているひとがいたら、小さなことでも、ひとことでも、その人がにっこりする瞬間をつくってあげられる人でいたいな、と思います。

 

 

忙しい毎日を過ごしているみなさまにも、毎日のなかですこしでもにっこりする瞬間がありますように。

 

The following two tabs change content below.
kako

kako

ヨガを始めて、自分の呼吸で体がほぐれていくその心地よさを感じたり、 毎日の中で小さなことに心があたたまる瞬間が増えました。 そんな感覚や気持ちを大切にしながら、勉強を続けています。
kako

最新記事 by kako (全て見る)

Page Top