ヨガ情報ニュースサイト・ヨガッコは、ヨガ・ピラティスの学校

enjoy_life

2020年10月23日

Azusa

人生を楽しむ方法

○人生を楽しむって何でしょう?

毎日を過ごす中で「楽しい!」と感じることはありますか?

お金をかけてどこか遠くへいくこと

パートナーとともに過している時間

仕事や勉強で何かを成し遂げたこと

それは人それぞれにあると思います。

けれど、大人になると純粋に「楽しい」と感じることは減ってくる気がします。

せっかくの人生ですから、苦しいより楽しいと思いながら過ごしたいですね。

今日は人生を楽しむことについて、考えてみたいと思います。

 

○自分にできることから頑張る

勉強でも仕事でも、生活の中でも、得手不得手は誰しもあります。

そして、多くの人は苦手を克服しようと努力をします。

ですが、そのためには相当のエネルギーと覚悟が必要です。

まずは得意と思うこと・できることを頑張って自分に自信をつけましょう。

「私はこれができる!」という自信をつけてから、苦手としっかり向き合い、

努力をしましょう。

力を蓄えた上で、苦手を克服することをおすすめします。

そのほうが、きっと楽しく克服できると思います。

 

○自分を中心に考える

会社や何か組織に所属している方がほとんどだと思います。

その組織の中にいると、人はその中で「自分はどうあると良いか」

と考えるようになります。

調和することは大切です。とても素晴らしいことです。

でも、他人中心の思考は自分を見失う危険性もはらんでいます。

「みんなはこうありたい」「自分はこうしたい」

この2つをバランスよく持つといいと思います。

 

○情報を制限する

少し前にコラムでも書きましたが、今は情報多化の時代です。

情報は私たちのすぐそばにあります。

とても便利ですがその反面、情報に翻弄されてしまうこともあります。

必要のない情報・ネガティブな情報はできるだけ目にしないようにしましょう。

それらは知らないうちに、私たちを内側からすさませます。

必要なときもあるかと思いますが、

できることならば、ポジティブになれる情報に目を向けることをおすすめします。

ちなみに、私は眠る前に遠方に住む友人のブログや動物園や水族館のSNSをよく見ます。

友人の楽しい日常や動物たちを見て、楽しい気持ちになって眠るようにしています。

 

○住む場所を整える

住む場所は、外で使ったエネルギーをチャージする場所です。

そこが整っていないと心も体も充分にエネルギーチャージできないように思います。

何もきちんと片付いてなくてもいいのです。

自分にとって「居心地がよい」と思えるような環境を整えることが大切だと思います。

私の知り合いに、とても社交的で華やかな人がいます。

彼女の家はお子さんの描いた絵や家族写真 お花に旅先からのお土産・・

ところ狭しと飾ってあります。

家中どこを見ても、思い出や温かなものであふれています。

見る人によっては、ものが多くて落ち着かない家でしょう。

ですが、私はそれを見て彼女はここで大切なものを見ながらパワーチャージをしているのだなと

とても幸せに感じました。

 

○よく寝てよく食べ、運動する

これについては、年齢を重ねるごとに大切さを感じています。

昼間のパフォーマンスに非常に大きな影響を与えますし、五感を正しく使い

「楽しい」と感じるために必要です。

ストレスが溜まったり疲れすぎたりすると、寝て食べて運動することが正常にできなくなり、

結果「楽しい」という感覚をキャッチできなくなります。

自分が元気かどうかの「バロメーター」にもなっているわけです。

 

○ここから先はあなた次第!

おそらく、私がここまで上げてきたことは、マイナスな部分をプラマイ0

にすることばかりだと思います。

いわば、人生を楽しむための「土台づくり」です。

人によっては無意識にやっていることもあったと思います。

だからこそ、できている自分を認めてあげて、改めて意識してみましょう。

しっかりと土台ができてから、あなたの思う「楽しみ」を

存分に楽しんでみてください!

皆さんの毎日があなたらしい「楽しい!」であふれていますように。

お祈りしております。

 

 

The following two tabs change content below.
Azusa

Azusa

ヨガをはじめようと思ったきっかけは出産後のダイエットでした。 痩せたい!その一心ではじめたヨガでしたが、ヨガの世界の考え方、生き方に影響を受け、より幸せに より自分らしく生きることができるようになりました。 この幸せをたくさんの方とシェアしたいと思い、キッズヨガ・マタニティヨガ・ロコモヨガなど、ヨガを広める活動を中心に行っています。

Page Top