ヨガ情報ニュースサイト・ヨガッコは、ヨガ・ピラティスの学校

sigh

2018年7月25日

miyuki

ため息ってすごい!

「ため息はあまりついたらよくない」

と、聞いたことありませんか??

小さい頃私は母親から言われたことがあります。
ため息ってよくないことなのでしょうか。

現代人のほとんどは浅い呼吸をしてる人が多いです。
私もヨガクラスをしていると「深い呼吸が出来ていなかった」などの気づきをお話してくださった参加者の方がいます。意図的に行う呼吸というのはなかなか難しいものですよね。

ふっとついてしまうため息、自然にしやすいため息。
実は「ため息」には驚きの効果があるです。そんなため息の効果を調べてみました。

 

○血行促進
深く呼吸をすると体の中に酸素がいきわたります。
血液は酸素によって体中に運ばれていくので血流量が増えて血行が良くなります。

 
○リラックス効果
口から大量に息を吐くことで副交感神経が優位になりリラックスした状態になります。

 
○疲労回復
体の中に活性酸素が溜まってしまうが疲れの原因です。
新鮮な空気をたくさん取り入れることで活性酸素が減っていきます。

 
○ストレス発散
酸素をいっぱい取り入れることで気持ちのリフレッシュを図ることができます。

 
○ネガティブな感情の軽減
不安や心配事を考えている時にも交感神経が優位になっていて体が緊張しています。
深い呼吸により、緊張がほぐれ、血行も良くなることでネガティブな感情が薄れていきます。

「ため息」は無意識にたまっていくカラダの余分な力み、こころのこわばりを手放してくれるのです。

ある流派のヨガでは口から吐き出す方法で「HA呼吸」という呼吸法があります。口から「はぁ~」と声に出しながら息を吐き出していきます。
この呼吸もカラダの緊張を解放してくれるのは共通です。

 
○吐きすぎると心配される?!
カラダのためにも心のためにもこんなにいい効果のあるため息ですが、一般的にはネガティブなイメージや、周りから心配されてしまう可能性がありますので、つき過ぎにならないほうがいいかもしれません。

 

正常な状態を保つために呼吸を使って無意識にコントロールしてくれる「ため息」。

日常を過ごしやすくするツールとしてまずはため息をついてひとやすみしてみてはいかがですか。

The following two tabs change content below.
miyuki

miyuki

アパレル勤務の時、心と体のバランスがとれなくなり、右耳が突発性難聴に。その時にこころとからだの繋がりの大切さを知る。 からだは無理していないか。 こころは追いついていっているか。 マットの上で起こる出来事は日常生活にも繋がっている。 色々な流派をうけ、クリパルヨガに出会い惹きこまれていく。 「今の自分自身」を尊重し、かたちにとらわれすぎない、自分を知っていくヨガを伝えていけるように日々勉強中。

Page Top