ヨガ情報ニュースサイト・ヨガッコは、ヨガ・ピラティスの学校

favorite

2021年8月27日

みち

疲労回復~好きなことは疲れない~

暑い日が続いています。
また、急に気温が下がる日もあり
気候が不安定で、身体が対応するのに
頑張っていて、だるさや疲れなどと
感じられている方もいると思います。

 

疲労というと筋肉の使いすぎとか
身体になんかしらのダメージが残ったり
エネルギーが不足している状態と
捉えられるのですが

不安定な気候の中であっても
エアコンなどで環境が整えられているし
ハードな運動をしているわけではないのに
疲れたと感じるのはなぜでしょう?

逆に『好きなことは疲れない』と
感じることってありませんか?

私の場合、今、筋トレに凝っているので
毎日どこかしら身体に筋肉痛があります。
身体に疲労が確実に出ているにも関わらず、
気持ち的には疲れはなくて
むしろ、超回復して筋肉がつくと思うと
うれしい気持ちになります。

また、エアロビクスのむずかしめの振り付けで
動いた時も、身体は疲労してくるけど
モヤっとしたところを乗り越え、
動き終えたときのスッキリ感!!
むしろ脳の疲労回復になっていると思います。

この脳トレ的な運動は
アンチエイジングにとても役立つんです。
パズルをしたり、クイズを解いたり
そんな脳トレもいいんですが
身体と脳を繋げる動きで
パズルや図形を描く感覚!
さらに若返るおすすめエクササイズです。

 

とはいえ、運動が今一つ好きじゃない方や
そんなのしたら、疲れちゃうって
方もいるかもしれません。

また、後ほど疲労回復の観点で
ここは、お話させていただくとして
疲労というものが、肉体的なものより

『脳疲労』というところが
大きいのかなと思います。

 

 

脳疲労とは?

 

脳疲労のメカニズムとして
活性酸素が増えすぎて、神経細胞を傷つけて
自律神経の機能を果たせなくなり
脳のパフォーマンスを低下させると
言われています。

活性酸素とは呼吸で取り入れる酸素の
約1%~2%が活性酸素に変化するため
常に発生しています。

活性酸素は強い殺菌作用によって
体内に侵入したウイルスや細菌を攻撃したり
不要になった細胞を速やかに分解し、
新しい細胞に入れ替えたり
非常に重要な働きをしています。

ですが、適量を超えてしまうと
健康な細胞まで傷つけてしまうと
言われています。

活性酸素はストレスを感じると増えていきます。
激しすぎる運動も活性酸素を増やします。

 

 

 

脳疲労の原因

 

主に4つの原因があげられます。

●ストレス(活性酸素)
ストレスの原因はさまざま、個々であると思いますが、
ストレス解消が脳疲労回復のカギです。

●睡眠不足
脳も身体も休息が必要。

●不適切な食事
食べ物の成分でも活性酸素を
生み出してしまうものがあります。

●乱れた生活習慣
睡眠や食事の習慣も含みますが
運動不足も生活習慣に入ります。
激しすぎる運動ではなく
適度な運動がおすすめです。

 

 

 

疲労回復~運動編~

 

原因のひとつひとつの解消法は
またじっくりお伝えするとして
もう少し運動についてだけお話します。

最初に言っていた『好きなことは疲れない』
私は運動好きなため、例えを運動にしたのですが、
激しすぎる運動は活性酸素を増やしてしまうので
いくら好きでも、
やりすぎは注意かもしれません。

運動以外でも、仕事、趣味、
夢中になって、やりがいがあれば
疲れを感じなかったりします。

その時、脳内では、前頭葉に快楽をもたらす
エンドルフィンなどのホルモンが分泌され
疲労感を認識させないのです。

好きなことは疲れないのは、まさに
脳に美味しいホルモン分泌のため。

好きなことってご褒美ですね。

脳が元気でも、身体が疲れているのを
ちゃんとキャッチして
身体を回復させることを忘れず、
睡眠や食事も考えていきたいですね。

そして、身体も脳も疲労回復にお役立ちなのが
適度な運動です。
運動苦手な方もストレッチや歩くとか軽い運動から
上記で言っていた脳トレの運動、
軽いものからあるのでぜひやってみてほしいです。

脳が活性化し、スッキリして
日々のストレスも吹き飛んでしまいますよ!

 

 

The following two tabs change content below.
みち
すべて繋がる 身体と心に伝えるヨガ

Page Top