ヨガ情報ニュースサイト・ヨガッコは、ヨガ・ピラティスの学校

turureishi

2018年7月25日

小笠原 文

ゴーヤの、簡単甘いジュースで夏を乗りきろう!

夏はゴーヤが大活躍ですね。

見た目のゴツゴツ感や苦味が特徴のゴーヤですが、栄養価はとても高く、まさに夏のからだに最適な旬の食材です。
また、育てやすくツルもすくすくと伸びるので、緑のカーテンにして暑さをしのぐ強い味方になります。
自ら育てた実を食すのもまた、喜びと充実感を味わえそうです。

そこで、夏を元気に乗り切るための「栄養満点ゴーヤジュース」をこちらに紹介したいと思います!
材料も作り方もカンタンです。
牛乳やバナナも加え甘みがたっぷりなので、まるでスイーツのような味わいに!?

 

◯ ゴーヤジュース(ミルク味)

IMG_5474
■材料

・ゴーヤ:1本
・バナナ:1本
・はちみつ:適量
・牛乳:300ml(半量を水にしても可)

※バナナの代わりにメロンでもおすすめです。

■準備するもの
・ミキサー

■作り方

①ゴーヤはワタを取り除き、小さく切ります。
②バナナも小さく切ります。
③ミキサーに材料を全て入れ、回したら完成です。

ミキサーなので、多少ゴーヤの粒が残りますが、これもまた食感として楽しめます。
気になる苦味は、バナナとはちみつの甘さでほとんど気になりません。

 

 

◯ ゴーヤの栄養

苦味の原因は「モモルデシン」によるものです。
その効果は下記のように素晴らしいものばかり。

・血圧、血糖値を下げる
・疲労回復
・肝機能を整える
・胃腸を整え、食欲も増進

他、ゴーヤには「ビタミンC」「鉄分」「食物繊維」「カルシウム」も豊富です。

 

 

◯ バナナの栄養

バナナの甘さは自然の糖質なので、血糖値を緩やかに上昇させてくれます。
また、脳への栄養源として疲れたときにもオススメです。

・エネルギー補給
・血圧安定
・ストレス緩和
・血行促進
・エネルギーの代謝を高める

「カリウム」「マグネシウム」「ビタミンB1,B2,B6」「ナイアシン」「葉酸」「食物繊維」「ポリフェノール」「セロトニン」などの栄養も豊富です。

 

IMG_5477
満足感もあり、栄養もあり、元気にしてくれるゴーヤジュース。
ぜひ一度、お試しください。

 

 

The following two tabs change content below.
小笠原 文
バンデヨガ・インテグレーション(養成講座)における音のヨガの専門講座『Sound for Yoga(SYC)』創設、講師を務める。 ハタヨガに、音の波動・振動を肌で感じる新しいスタイルのシンギングボウルヨガを主に活動中。ヒーリングや医療分野でも期待されている音の効果を取り入れ、より自然治癒力を促すことを目的とする。 . 全米ヨガアライアンス(RYT200)修了、 バンデヨガ・インテグレーション(VYI200)修了、 各種専門講座修了、 シンギングボウルサウンドヒーラー、 yogamusic CD解説ライター .

Page Top