ヨガ情報ニュースサイト・ヨガッコは、ヨガ・ピラティスの学校

広告コラム_水

2021年10月19日

yogakko編集部

水分補給と、ヨガにおすすめのお水紹介

ヨガするときはやっぱりお水がいいの?お茶はNG?

と、疑問に思っている方もいると思います。

まずは、水分がからだにどんな影響を与えるのかを知りながら、
水分補給のタイミングや、おすすめの水をご紹介していきたいと思います!

・水分のはたらき
・飲み過ぎは注意
・どのくらい飲めばいいの?
・飲むタイミング
・ヨガレッスン中の水分補給
・水か、お茶か
・オススメの水、3選

 

水分のはたらき

季節問わず、人のからだにはいつでも水分は不可欠ですね。
からだの約70%は水分でできていて、1日で失われる水分量は、成人でだいたい1.5~2Lといわれています。

細胞のひとつひとつにも水分は含まれているので、全身くまなく潤いが保たれている状態が通常です。
ですが、日本人の7割が1日の必要水分量を摂取できていないようです。
厚生労働省によると、成人が摂取したい1日の水分量は約2.5L。
正確には年齢と体重によって異なりますが、目安はこの数字です。

水分は、血液として全身に必要な栄養を運んだり、不要になった老廃物を外へと流してくれるはたらきがあります。
水分が保たれた身体は腸内環境も整いやすく、腸のなかにある約70%の免疫細胞を活性することができます。

また、汗を出して熱を逃したり、温かい血液を巡らせて体内を温めたりと体温を調節したり、
皮膚につやを与えたり、新陳代謝をスムーズにしてくれたりします。

 

 

飲み過ぎは注意

まず、私たちは食事からも水分を摂取しています。
約1Lは食品から摂取すると言われているので、何がなんでも2.5Lの水を飲まなきゃいけないワケではありません。

そして、いっきに多くの量を飲んでも、大半は尿として排出されてしまうのであまり意味がありません。
逆に、尿をつくるための腎臓に負荷がかかりすぎてしまいます。

また水を飲み過ぎると「水中毒」になる恐れがあり、
軽度であれば疲労感や頭痛を引き起こすことも。
重度になると意識障害やけいれんなどの障害にまで発展することもあります。

さらに、電解質のバランスを崩し、むくみにもつながってしまいます。

 

 

どのくらい飲めばいいの?

からだが一度に吸収できる水分の量は、だいたい150〜250ml。
小さめのコップ1杯を、1日に6〜8回に分けてこまめに摂取するのが良さそうです。

つい忘れてしまいそう、、、という方は、
ちょうどいい大きさのお気に入りのコップを用意する、というのもオススメ。
そのコップを見るたびに気分も上がるし、飲むことが楽しみになりますね!

 

 

飲むタイミング

水を飲むタイミングをルーティーン化しておくといいかもしれません。

・朝起きたとき
・ひと通りの支度や家事が終わったとき
・昼食前
・買い物や運動のあと
・おやつの時間
・帰宅時
・お風呂のあと
・おやすみ前

などなど、なにかがひと段落するタイミングだと取り入れやすいかと思います。

よく「喉が乾いてから飲むのでは遅い」といわれますが、そう感じるときにはすでに脱水がはじまっています。
こまめな摂取を心がけたいですね。

 

 

ヨガレッスン中の水分補給

夏日や野外ヨガなど多くの汗をかく時でなければ、常温の水がおすすめです。
寒い日にはすこし温かい白湯もいいですね。
からだへの負担が少なく、体内の温度も保つことができます。

ヨガの動きは血流やリンパ液の流れも促します。
適度に水分を補給することでスムーズな流れにつながり、より効果を得られやすくなります。

クラス前や、チャイルドポーズのとき、シャバアーサナの前など、キリのいいタイミングで、ひと口ふた口くらいずつ摂るとよいでしょう。

 

 

水か、お茶か

「お茶に含まれるカフェインには利尿作用があるから、逆に脱水症状を引き起こす」なんてお話から、
お茶は水分補給に向かないという認識をお持ちの方も多いと思います。

ですが近年では、カフェインによる脱水症状は否定されつつあります。
大量に摂取しなければ影響はなく、お茶でも水分補給はできるという流れに変わってきました。

とはいえ、お茶には様々なミネラルや栄養素が含まれていて、それは種類によって異なります。
体質や服用しているお薬との相性により、影響があることも確かですので、自分に合ったお茶を見つけることがまずは大事です。

たくさんある、◯◯茶。
そこから見つけ出すのは大変だわ・・・という方には、水分補給はできるだけ水をメインとすることをお勧めします。

特にヨガ中には、余分な味がないことで集中力も維持しやすいかもしれません。

もちろん、少し味や香りがある方が飲みやすかったり相乗効果で心地よくなれる場合もあります。
お水じゃないとダメということではないので、お気に入りのお茶でしっかり水分補給されてくださいね!

 

 

オススメの水、3選

【クリスタルガイザー】
カリフォルニア生まれのミネラルウォーターで軟水に分類されています。
クセがないので飲みやすく、環境に配慮した軽量ボトルを使用していているので持ち運びにも便利です。
またコスパがいいところも強い味方ですね!



また、ストックしておきたい方には、お値段もさらにお得になった96本セットがオススメです!



 

【ソラン・デ・カブラス】
森林に囲まれた自然豊かなスペインのミネラルウォーター。
カルシウムとマグネシウムのバランスがとれた中硬水で、まろやかで甘みある味わいです。
透き通るブルーボトルが見た目にも爽やか。



 

 

【温泉水99】
鹿児島県垂水温泉(たるみずおんせん)から湧き出す天然水です。
胃腸を整える効果があるとされてい高アルカリ性の天然水が健康をサポート。
超軟水のため飲み口はとてもまろやかで、ほのかな甘みを感じます。


 

 

【水想い】
北アルプス山脈で採取した岩盤深層水。
雪どけ水がいくつもの岩盤を通り抜ける間に自然ろ過され、高い透明度と 豊富なミネラルを含むことが特徴です。
天然のミネラルバランスがちょうどよく、やさしい口あたりの軟水です。



 

 

からだに必要な水分。
じょうずに摂りながら健康な状態を維持していきましょう!

 

 

 

The following two tabs change content below.
yogakko編集部
ヨガの学校、ヨガッコ。多方面に広がる知識は、あなたのヨガライフをどんどん素敵にしていく。 そんな、あなたの知性をくすぐる情報を集めたい。そして素敵な人々がつながるプラットホームを提供していきます。

Page Top