ヨガ情報ニュースサイト・ヨガッコは、ヨガ・ピラティスの学校

web_yoga

2015年10月1日

yogakko

webサイトを運営している、インストラクターさん、スタジオさんが知っておくと得する、オンライン集客の話

「人来ないで〜」って思いながら、クラスを始める方は少ないのではないかと思います。

「もっと、人が集まらないかなぁ・・」「ヨガを、この感動を、伝えていきたいなぁ・・・」そう思いながら、中身で勝負している、あなたへ。

「あなたのクラスを見つけやすくする」ちょっとした知識。
1回目は、【SEOについて知ろう!】有利な順位に表示させる事の説明をしました。
2回目は、【googleさんなど、検索エンジンについて知ろう!】「サイト、見てー、見てーっ!」っていう事についてまとめました。

 
 
そして、3回目、【キーワード選びって大事だよ!】
具体的に、じゃどうしていこうかな〜という所をチェックしていきます。

 
 

webサイトで大切な事。それは、『キーワード』

 
webでの集客で大切な事は、キーワード。
要するに看板。

間違えた看板を掲げていたら、来て欲しい人も来ません。
また、同じ看板の大手が多数ある所に出しても、目立ちません。
安さが売りのお店で、高級の物を看板にしたら困惑します。

そのぐらい、キーワードって大切です。

どんなに素敵なサイトを持っていても、見られなければもったいない。にも関わらず、サイトができあがったら満足する人が沢山いる事も事実。

 
 

キーワードに正解はない

 
webサイトのキーワード対策とは、「自分の特徴をシンプルな単語にし、見つけられるように、市場と擦り合わせをする。」という事。そして、そこに正解はありません。

例えば、
月に検索されたキーワードを数字に置き換えていくと、
→「ヨガスタジオ」447,000
→「ヨガスクール」407,000
とヨガスタジオでの検索が多いです。

けれども渋谷だと、
→「渋谷 ヨガスタジオ」434,000
→「渋谷 ヨガスクール」477,000

もし、あなたが渋谷でTTも行っているのであれば、「渋谷 ヨガスクール」をキーワードとする事で、多くの人の目にとまる看板が作れそうですね。

 
 

なんでも盛り込んだらどうなるの?

 
主張や表現がぶれているwebサイトは、人だけでなく、検索エンジンにも評価されなくなります。
例えば、「高級」と「激安」などという逆のキーワードは相反するコンテンツとしてNGとなります。

 
 

キーワード調査をするとどんな事が分かるか

 
キーワードを間違える事は、提供するサービスがよくても、あまり人に見られないwebサイトになってしまいます。

例えば、健康になる事を促す為に、リラックスのクラスを開催する際
→「ヨガ 健康」で、85,000
→「ヨガ リラックス」で、392,000

その差、約4.5倍っ!

ユーザーの多くはリラックスに興味があるようなので、webサイトの優先順位は「リラックス」→「健康」の順がいいかもしれません。

 
 

ユーザーに振り回されない事も大切

 
結果に結びつく物と、その結果に応えるコンテンツ、そして、自らのコンセプト。

どこに重きを置くのか。

優先順位と見比べながら、webサイトの軸を一つ決めておきましょう。

「ニーズを加味した上で行動する事」と、「盲目的に行動する事」には、大きな差がありますから。。。

 

googleが提供する「キーワードプランナー」でチェックしてみましょう!

なお、ヨガッコでも、web制作から、キーワード対策、プランニングまで多くの方の相談にのっています。
もし、ご興味ある方は、お問い合わせから!

 

お問い合わせは、【コチラ】から。

 
 
 

The following two tabs change content below.
yogakko
ヨガの学校、ヨガッコ。多方面に広がる知識は、あなたのヨガライフをどんどん素敵にしていく。 そんな、あなたの知性をくすぐる情報を集めたい。そして素敵な人々がつながるプラットホームを提供していきます。

Page Top