ヨガ情報ニュースサイト・ヨガッコは、ヨガ・ピラティスの学校

ver.1

2015年1月2日

yogakko

インストラクション・アサナ【特集 Ver.1】~ 第1回目 ~

この特集では、1つのアサナを取り上げ、その特徴と、そのアサナへ向うまでのステップやプロップスを使用した例、そして、誘導や解説方法をご紹介します。

【特集 Ver.1】は、「エーカ・パーダ・ラジャ・カポタ・アーサナⅠ」
全3回で、軽減法やポイントまでご紹介していきます。
【第1回目】「このアサナが意味する、神秘 」
 

Exif_JPEG_PICTURE

 
一本足の鳩の王様のポーズ Ⅰ
ヨガのポーズのイメージとして使われることが多い「エーカ・パーダ・ラジャ・カポタ・アーサナⅠ」

日本語では、一本足の鳩の王様のポーズ Ⅰ

エーカ:一
パーダ:足
ラージャ:王
カポタ:鳩

舌を噛みそうですが、よく、「鳩の王様」と言われます。

 
二足歩行を行う人間だけが手に入れた特別な姿勢!
後屈の神秘。
四足歩行を行っている動物は”後屈”ができません。しかし、人は大きな喜びを感じたときに自然と後屈の姿勢になります。(サッカー選手がゴールを決めたときの姿勢を思い浮かべてください)

私達、人間が、身体の前部を開くこと。
それは、目の前に差し出された現実を全身で受け止め、迎えいれることを意味しているようです。

他の動物には決して真似ることのできない、深い喜びを表現する姿勢を手に入れたことに、自然の神秘を感じます。
フォーカスしていきたいのは、背中ではなく身体の前側!
このアサナは、非常に深い後屈(バックベンド)のポーズ。

後屈と聞くと背中を反らせるというイメージがあるかもしれません。しかし、身体の前面が開放されたとき、自然と後屈は深まっていきます。

そういう意味で後屈(バックベンド)とは前開(フォワード・オープニング)の姿勢であると言い換えることが出来るかもしれません。
次回は、「完成までの準備ポーズ」です。
解説にご協力頂きましたのは、リラヨガ・インスティテュート、スタジオディレクターの乳井真介氏

素敵な文章と、分かりやすい解説を、ありがとうございました。

 

リラヨガ・インスティテュート

詳しくは、コチラ >> http://www.lilayoga.jp/

 

http://www.lilayoga.jp/

The following two tabs change content below.
yogakko
ヨガの学校、ヨガッコ。多方面に広がる知識は、あなたのヨガライフをどんどん素敵にしていく。 そんな、あなたの知性をくすぐる情報を集めたい。そして素敵な人々がつながるプラットホームを提供していきます。

Page Top