ヨガ情報ニュースサイト・ヨガッコは、ヨガ・ピラティスの学校

alliance

2017年5月27日

yogakko

養成講座、どう選ぶ? RYT200って何だろう。

ヨガインストラクターの資格を取得したい。

よく聞く「RYT200」という言葉。

資格の種類であることはなんとなく。
これを発行しているところと、そうでないところがあるみたいだけど、
この資格をもっておいた方がいいの?
なくてもいいの?

今日はそんな疑問に対して、yogakko視点で考えてみたいと思います。

 

 

RYTとは、なんだろう?

 

RYTとは、Registered Yoga Teacherの頭文字を取ったものです。
〈登録ヨガティーチャー〉という意味ですが、
米国を拠点とした、ヨガティーチャーに特化した非営利のヨガアライアンス会員協会より、
「全米ヨガアライアンス協会へ、登録されている人ですよ。」
という証明となります。

その証明は、各スクールや流派による認定等とは別に、
全世界で共通したヨガティーチャーとしての一定基準を満たしているかどうか
を判断する大切な証明となります。

 

 

認定取得は大変ですか?

 

もちろん、全米ヨガアライアンスへの登録はだれでもできる訳ではありません。
各トレーニングは、以下の5分野に分けられ、各時間が定められています。
1:テクニック、トレーニングとプラクティス
2:ティーチング方法
3:解剖生理学
4:ヨガ哲学、ライフスタイル論理
5:演習
この5分野を満たしたトレーニングを修了していることが、
ヨガティーチャーとしての一定基準をみたしていることだと、全米ヨガアライアンス協会が定めているわけです。

取得後は、1年に1度更新されている事が条件です。
その更新にも、協会が示す基準を満たしていることが必要です。

 

 

どんな人が取得するのでしょうか?

 

大きく分けると2つのケースに分かれます。
・ヨガのインストラクターになりたい
・ヨガを深く、体系的に学びたい
ここからその方のゴールがそれぞれ分かれていきます。

インストラクターになりたい方の中でも、自分でスタジオを持ちたい方もいれば、
好きなヨガスタジオの空間で働きたいと願う方もいます。

また、インストラクターになるつもりがなく、知識を深めたいといっても、
普段のクラスの中より、一つ踏み込みたいという方もいれば、
全くヨガのクラスも受けた事がなく、0からキチンと体系立てて学びたいという方も。

千差万別です。

 

 

どう選べばいいのでしょうか?

 

まずは、「自分が大切にしたいことは何なのか?」を考えるところからスタートです。
そして、その自分への問いに対して答えてくれそうな養成講座を行っているスクールを選んでみてください。

それは、“取得後の就職” だったり、“論理的に説明できる自信” だったり、
“通いやすさ” “ビジネスノウハウ” “つながり”
・・・人それぞれ、さまざまだと思います。

自分の最優先したいものをチョイスしていけば、それが選ぶ指標となります。
「何を学ぶか」も大切ですが、「どう学ぶか」も大切にしてください。
 

 

資格は、必要ですか?

 

日本でインストラクター、ヨガティーチャーとしてお仕事をする場合、
求人情報の多くは応募条件として、RYT200を掲げることがあります。
これは前述したように、ある意味で、一定基準を満たしていると補償されているからです。
そうでない求人も多くありますが、資格の種類を限定しない代わりに、
2年間の実務経験などを条件とすることもあるようです。
もちろん、その両方に当てはまらないケースもありますが、
あなたがもし、すぐにヨガスタジオで働きたいのであれば、RYT200は持っておいた方がいいのかも知れません。

前述したとおり、RYTの認定資格を取得することにより、
ヨガティーチャーとしてのトレーニングを受けたことの証明にはなりますが、
RYTを持っているからといって決して良いティーチャーとは限りません。
RYTを持っていないティーチャーにも良いティーチャーは数多く存在します。
確かに、RYT取得で学ぶことは、ティーチャーとしての基礎となります。
大切なのは、そこから。
取得だけをゴールにせず、取得後にも学び続けることで、良いティーチャーに近づいていくものです。
 

 

ヨガインストラクターの資格は、努力すれば取得できる事。
またヨガインストラクター養成講座は、最低限の基礎知識を得られる場。

そのため、仕事として行う場合、1つの判断材料とされる事が多々ありますが、
あなたが伝えていきたい場所や方法、伝える相手・・・
それによっては必要であり、また、必要ではない可能性もあります。

あなたは、どのようなヨガを深めていきたいと思いますか?
それをどんな風に、誰に届けていきたいですか?

答えは、あなたの中にあるのかもしれませんね。

 

 

yogakkoでは、ヨガインストラクターの資格を発行できる養成講座を行うスタジオ・スクールの『合同説明会』を開催しています。
資料やHPだけからでなく、実際に会ってみて選択するということもお楽しみください。

第1回開催のリポートコラムはこちらから!
http://yogakko.com/news/goudousetumeikai_1/

The following two tabs change content below.
yogakko
ヨガの学校、ヨガッコ。多方面に広がる知識は、あなたのヨガライフをどんどん素敵にしていく。 そんな、あなたの知性をくすぐる情報を集めたい。そして素敵な人々がつながるプラットホームを提供していきます。

Page Top