ヨガ情報ニュースサイト・ヨガッコは、ヨガ・ピラティスの学校

04/17(月)-渡辺純子-1DAY集中講座メディテーションのための陰ヨガ

wsクラス

start!

2017-04-17
4月17日(月) 10:00-12:30、14:00-17:30 (1時間半の休憩時間がございます)

other days...

2017年 4月17日(月) 10:00-12:30、14:00-17:30 (1時間半の休憩時間がございま

チケットを購入する >

 

京都府  京都市
114577231 junko_watanabe-photo

summary概要

日程: 2017年 4月17日(月) 10:00-12:30、14:00-17:30 (1時間半の休憩時間がございます)
講師: 渡辺純子 (Junostyleディレクター・陰ヨガ講師)
会場: ヨガスタジオTAMISA三条寺町スタジオ
対象: 初めての方から経験者まで。妊娠されている方も参加も可能です(ただし医師の許可をもらっている場合のみ)
持物: 動きやすい格好のお着替え、筆記用具、ヨガマット(レンタル300円)、お飲み物など
料金: 11,750円(税抜)
    
    ★キャンセル料について
     こちらの講座はTAMISAの他のWSとは条件が異なります。
     申込返信メールの内容と異なり以下が優先となりますのでご注意下さい。
     ※原則として、キャンセル受付期限は20日前までとさせていただきます。
     (2017年3月29日以降のキャンセルはキャンセル料が発生しますので、ご注意ください。)  
     ・開催日20日前以降:受講料の30%
     ・1週間前以降:受講料の50%
     ・前日:受講料の80%
     ・当日:受講料の100%
     ※キャンセル払戻しの際のお振込手数料は、お客様ご負担となります。


    ★個人情報の取扱について
     こちらの講座は株式会社ジュノスタイル主催となります。お申込みいただきました方のメールアドレス等
     について、株式会社ジュノスタイルに提供させて頂きます。
     ・Junostyle Website ⇒http://www.junostyle.jp/

contents詳細内容

1DAY集中講座:メディテーションのための陰ヨガ

陰ヨガの特徴は、静止をしながら数分間ポーズをとることです。動きがないヨガであることが、陰ヨガの大きな特徴ですが、この”静止をする(止まる)”という行為が座るメディテーションに大きな意味を与えます。
現代人は、忙しい生活や人間関係のストレスの中、穏やかな気持ちで静かに落ち着くことがとても難しいのが現状です。何かをしようとするときは、意図を持ち、自分の気にいる結果を求めてしまいがちです。

”何もしない”時間を持つことが苦手なライフスタイルを送っている人は多いのではないでしょうか。

陰ヨガは、心身をリラックスし、深くゆっくりとした呼吸を行いながら、ひとつひとつのポーズをゆっくり長く静止をしながら行う静かなヨガです。委ねることをしながらポーズをとることで、”何もしない”ことの意味を教えてくれます。また、陰という地のエネルギーを培うことで、心身ともに安定した土台を持つことを可能にしてくれます。

メディテーションの質をあげるためには、グラウンディングを伴った”姿勢”がとても重要です。陰ヨガで培うことができる肉体的なグラウンディング感を得ることは、質の良いメディテーションを行うための最初の第1歩です。特に、メディテーションの初心者さんには、座れる体づくりに優しいポーズから体の準備ができる陰ヨガをおすすめしたいです。

このワークショップでは、陰ヨガの後に短いマインドフルネス・メディテーション(シャマタ・メディテーション)をします。

*講師のメディテーション系譜:
チベットの活仏であったチョギャム・トゥルンパ・リンポチェによって創設され、現在その息子であるサキョング・ミファム・リンポチェによってアメリカを中心に展開しているシャンバラ・メディテーションセンターのシニア講師デイビッド・ニクターン(David Nichtern)氏に師事。現在、True Natureが日本で主催しているメディテーション・プログラムにて継続的に勉強中。

entry fee参加費

料金: 11,750円(税抜)

entry申込方法

http://ws.tamisa.jp/?pid=114577231

contact問い合わせ

web: https://tamisa-yoga.com/
mail: studio@tamisa-yoga.com
tel: 075-212-0776

チケットを購入する >

 

このイベントを、みんなにシェアしよう!

Page Top