ヨガ情報ニュースサイト・ヨガッコは、ヨガ・ピラティスの学校

chan

チャンドラムキ

Give the world the best you've got ...

photo 写真

KAY_4145 chiaki2 PB010470 IMG_0003

area 活動エリア

・ YOGA LOTUS
        旭川市神楽4-6-1-24北洋銀行2F
   http://yogastudiolotus.web.fc2.com

・ ヨガサークル スーリヤ
        北海道旭川市5条通4丁目 ときわ市民ホール
  

・ ハピネス・ヨガ (2016年4月より)
        東京都杉並区上荻1-15-4 オギタビル2F
   http://www.happiness-yoga.com

・ 
        
  

class schedule スケジュール

profile プロフィール

チャンドラムキ・千明  (加藤 千明)
北海道生まれ。幼少よりモダンバレエ、ジャズダンスを始める。日本女子体育大学舞踊学専攻卒業。全国舞踊コンクールにて毎日新聞社賞受賞。大学在学中様々なダンスを学び、新潟市民芸術文化会館専属コンテンポラリーダンスカンパニーNoismに研修生として所属。退団後フリーランスダンサーに転向し国内外で活動。その後、堀川久子に舞踏を師事、自己という意識や時間軸から抜け出した体が自然と調和する舞踏のメソッドを学ぶ。ダンサー中野綾子とのパフォーマンスユニット『UNION』を結成し、砂浜やお寺、銭湯やギャラリーなど生活を舞台とした実験的な公演を各地で披露。様々なアーティストとコラボ公演を行う。ヨガとの出会いはダンサーとして様々な舞台に立つため、踊るための身体のメンテナンスとして始めたことがきっかけであったが、「心身がゼロになる感覚(瞑想)」が踊る事とリンクし、ダンス活動と並行し、インドや海外に本格的なヨガ修行に度々訪れてはヨガの深さに果てしなさを感じつつも無限の可能性を感じ、学びを深めている。
体、心、思考の健康が、なんでも受け入れられる大きな受け皿となること、「限定しない心をつくる表現」をこの世界にポコポコと増殖することが今の私にできるカルマヨガと考え、ヨガインストラクターとして、ダンサーとして、人として表現していきたいと強く思う今日この頃。
現在、シヴァナンダヨガ、ハタヨガの講師として幅広い年代の方々とクラスをシェアしている。また、ダンスで培った体の感覚をプラスαに、身体を誘導することを楽しんでいる。2016年春より東京に拠点を移し、活動していく予定。
グルから頂いた名前、"チャンドラムキ"は"月のように美しい"のサンスクリット語。この名の神々しさを持ち合す人になることを目標に、ポジティブに自己と向き合う毎日だ。
将来の夢は、世界中を愛のエッセンスでいっぱいにすること。


[所有資格]
・インド政府公認ヨガインストラクターRYT200 (Sushil Yoga School)
・全米ヨガアライアンスRYT500 (Chandra Yoga International)
・タイ政府認定ルーシーダットンインストラクター (CCAタイマッサージスクール)
・ヨガアライアンスRYT200 (Interbational Sivananda Yoga Vedanta Centre)

message メッセージ

" YOGA(繋がる)だ!"
と、ここ数年幾度とYOGAにリンクすることが多いように思います。どちらかと言えば、アーサナの門よりヨガの世界に足を踏み入れた私でしたが、次第にヨガ哲学や瞑想について関心を寄せることとなるのですが、2度目のインド滞在、北部ダラムサラでのヨガ修行での滞在中のこと。好機によりダライ・ラマ14世の4日間の講話に参加することができ、魂に響く仏教の教えを浴びました。それらはまるで「様々な宗教やジャンル分けされた世界を飛び超えて、全てが一つに繋がることができる」愛のことばでした。YOGAは何時、どんなところにも何の隔たりも限定もなく、そこにただ在るという奇跡を敬う心と知りました。
シヴァナンダヨガTTCに参加した際、スワミ・シヴァナンダの「仕えなさい、愛しなさい、与えなさい、清めなさい、瞑想しなさい、悟りなさい」のことばに感銘を受け、マザー・テレサのことば「それでもなお、与え続けなさい;Give the world the best you've got anyway」と同じであることに気がつき、「全部おなじ」がさらに確信となりました。
私がシェアしたいことは、
私自身がヨガを続けている理由でもありますが、心身を空っぽにリセットする作業が心身に隙間をつくり、その余白がどんな困難も前向きに受け入れ、乗り越えられる思考にスイッチするためのキーになるということ。ヨガは特別なことではなく、誰にでもできる科学であるということです。ヨガマットの上で体験する時間が人々の生活の中にポジティブなエネルギーとして還元され、一人一人の笑顔がもっと素敵に、より豊かな平和な世界に変えるためのお手伝いができれば幸いです。

VTR 動画

music,wear,book...etc. おすすめ

♪Diamonds In the Sun [Girish]
♪Twameva Mata / Lokha Samasta [Michael H. Cohen]
瞑想のとき♪→Bach:St.Matthew Passion [Karl Richter]

Give the world the best you've got ...

チャンドラムキ

・ YOGA LOTUS
        旭川市神楽4-6-1-24北洋銀行2F
   http://yogastudiolotus.web.fc2.com

・ ヨガサークル スーリヤ
        北海道旭川市5条通4丁目 ときわ市民ホール
  

・ ハピネス・ヨガ (2016年4月より)
        東京都杉並区上荻1-15-4 オギタビル2F
   http://www.happiness-yoga.com

・ 
        
  

チャンドラムキ・千明  (加藤 千明)
北海道生まれ。幼少よりモダンバレエ、ジャズダンスを始める。日本女子体育大学舞踊学専攻卒業。全国舞踊コンクールにて毎日新聞社賞受賞。大学在学中様々なダンスを学び、新潟市民芸術文化会館専属コンテンポラリーダンスカンパニーNoismに研修生として所属。退団後フリーランスダンサーに転向し国内外で活動。その後、堀川久子に舞踏を師事、自己という意識や時間軸から抜け出した体が自然と調和する舞踏のメソッドを学ぶ。ダンサー中野綾子とのパフォーマンスユニット『UNION』を結成し、砂浜やお寺、銭湯やギャラリーなど生活を舞台とした実験的な公演を各地で披露。様々なアーティストとコラボ公演を行う。ヨガとの出会いはダンサーとして様々な舞台に立つため、踊るための身体のメンテナンスとして始めたことがきっかけであったが、「心身がゼロになる感覚(瞑想)」が踊る事とリンクし、ダンス活動と並行し、インドや海外に本格的なヨガ修行に度々訪れてはヨガの深さに果てしなさを感じつつも無限の可能性を感じ、学びを深めている。
体、心、思考の健康が、なんでも受け入れられる大きな受け皿となること、「限定しない心をつくる表現」をこの世界にポコポコと増殖することが今の私にできるカルマヨガと考え、ヨガインストラクターとして、ダンサーとして、人として表現していきたいと強く思う今日この頃。
現在、シヴァナンダヨガ、ハタヨガの講師として幅広い年代の方々とクラスをシェアしている。また、ダンスで培った体の感覚をプラスαに、身体を誘導することを楽しんでいる。2016年春より東京に拠点を移し、活動していく予定。
グルから頂いた名前、"チャンドラムキ"は"月のように美しい"のサンスクリット語。この名の神々しさを持ち合す人になることを目標に、ポジティブに自己と向き合う毎日だ。
将来の夢は、世界中を愛のエッセンスでいっぱいにすること。


[所有資格]
・インド政府公認ヨガインストラクターRYT200 (Sushil Yoga School)
・全米ヨガアライアンスRYT500 (Chandra Yoga International)
・タイ政府認定ルーシーダットンインストラクター (CCAタイマッサージスクール)
・ヨガアライアンスRYT200 (Interbational Sivananda Yoga Vedanta Centre)
" YOGA(繋がる)だ!"
と、ここ数年幾度とYOGAにリンクすることが多いように思います。どちらかと言えば、アーサナの門よりヨガの世界に足を踏み入れた私でしたが、次第にヨガ哲学や瞑想について関心を寄せることとなるのですが、2度目のインド滞在、北部ダラムサラでのヨガ修行での滞在中のこと。好機によりダライ・ラマ14世の4日間の講話に参加することができ、魂に響く仏教の教えを浴びました。それらはまるで「様々な宗教やジャンル分けされた世界を飛び超えて、全てが一つに繋がることができる」愛のことばでした。YOGAは何時、どんなところにも何の隔たりも限定もなく、そこにただ在るという奇跡を敬う心と知りました。
シヴァナンダヨガTTCに参加した際、スワミ・シヴァナンダの「仕えなさい、愛しなさい、与えなさい、清めなさい、瞑想しなさい、悟りなさい」のことばに感銘を受け、マザー・テレサのことば「それでもなお、与え続けなさい;Give the world the best you've got anyway」と同じであることに気がつき、「全部おなじ」がさらに確信となりました。
私がシェアしたいことは、
私自身がヨガを続けている理由でもありますが、心身を空っぽにリセットする作業が心身に隙間をつくり、その余白がどんな困難も前向きに受け入れ、乗り越えられる思考にスイッチするためのキーになるということ。ヨガは特別なことではなく、誰にでもできる科学であるということです。ヨガマットの上で体験する時間が人々の生活の中にポジティブなエネルギーとして還元され、一人一人の笑顔がもっと素敵に、より豊かな平和な世界に変えるためのお手伝いができれば幸いです。
♪Diamonds In the Sun [Girish]
♪Twameva Mata / Lokha Samasta [Michael H. Cohen]
瞑想のとき♪→Bach:St.Matthew Passion [Karl Richter]

Page Top