ヨガ情報ニュースサイト・ヨガッコは、ヨガ・ピラティスの学校

time-1

2018年6月27日

小笠原 文

「時間」の電車から降りるには?

生きていく中で縛られやすい「時間」の観念について、
少しイメージを膨らませるお話です。

たいていの物事や生活は時間によって管理され、操ることができないものとして認識されています。
そして、時間はある一定方向にのみ、進み続けますね。

 

◯ ここで、ひとつめの仮定

「時間」「電車」に置き換えてみてください。

一度足を踏み入れると何かしらのトラブルがない限り、同じ場所に留まったり、戻ることはありません。
そしてその速さは一定で、誰もが同じ速度で進み続けます。

 

あなたがその電車の中で、何かの理由があって、止まりたいと思ったとします。
止まるためには、進み続ける電車から降りなければいけませんね。
でもこの電車は、駅のようなポイントもなければ、前後の間隔調整のために停車することもないのです。

 

そもそも、その電車は誰が運転しているのでしょうか。
他ならない自分自身だとしたら。

・なぜ運転しているのでしょう?
・自分であるならば、自ら止めることはできないのでしょうか?

いろいろな疑問が浮かびます。

線路
しかし、それはもしかすると、何らかの目的のために「運転する」という行動に出ているのかもしれません。
その目的とは何だと思いますか?
また、降りる方法は本当にないのでしょうか。

 

もしも、そこから抜け出す手段があるとするならば、
「運転するという意志」「やめる」ことかもしれません。
「電車を動かそう」という思考がなければ、そこから伝わる機能(つまりハンドルを握る手やアクセルを入れるその動きなど)も停止するでしょう。

 

◯ さらに、ふたつめの仮定

その「電車」「日常」に置き換えてみたら、どうでしょうか。

「日常」にいることを「やめる」ことが、「時間」から自由になる方法だとしたら。

なにか少しだけ、見えてくるものがあるかもしれません。

 

日常から離れること。とらわれないこと。
ヨガでいう、サマディへ向かうことと似ているように思えませんか?

 

時間に追われているとき、心は大きく乱れます。
「速く進みたい!」
その気持ちを抑え、あえてそこから離れてみると、うまく時間が動くようになるかもしれません。

そんな、「時間」に対しての、ひとつの視点でした。

The following two tabs change content below.
小笠原 文
バンデヨガ・インテグレーション(養成講座)における音のヨガの専門講座『Sound for Yoga(SYC)』創設、講師を務める。 ハタヨガに、音の波動・振動を肌で感じる新しいスタイルのシンギングボウルヨガを主に活動中。ヒーリングや医療分野でも期待されている音の効果を取り入れ、より自然治癒力を促すことを目的とする。 . 全米ヨガアライアンス(RYT200)修了、 バンデヨガ・インテグレーション(VYI200)修了、 各種専門講座修了、 シンギングボウルサウンドヒーラー、 yogamusic CD解説ライター .

Page Top